事務所移転で経費を節約?レンタルオフィスの基礎知識


レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、事務所機能に必要なデスクやチェアなどのオフィス家具、シュレッダーやコピー機、固定電話やインターネット回線などの通信設備があらかじめ整っている貸事務所のことです。オフィスによっては共用の会議室や応接室があったり、オプションとして電話や宅配物の受け取り・転送、コンシェルジュによる来客対応などのサービスを展開しているところもあります。

通常の賃貸オフィスと何が違うの?

通常の賃貸オフィスは空間だけを借りているので、事務所として利用するにはそれらの設備を自前で準備しなければなりません。事務所として業務を開始できる状態にするには費用も時間もそれなりにかかります。レンタルオフィスの場合は必要なもの一式が全て揃っているので、オフィスを借りたその日から事務所としてオープンすることが可能です。

レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスの一番のメリットは、賃貸オフィスで事務所を開く場合と比べて費用と時間が節約できることです。敷金や礼金、設備投資といった初期費用がかからない点はもちろんのこと、ほとんどのレンタルオフィスは立地の割に賃料がリーズナブルです。都心の一等地を格安で利用できるのは、ビジネスチャンスを掴む上でも大きなメリットと言えます。

その他のメリットとしては、事業の規模に応じてオフィスのサイズを気軽に変えられることがあります。在宅ワークが広がりを見せる今、都心の広いオフィスに社員全員が集まって仕事をするという機会は減っています。レンタルオフィスの場合は1人用から10数人用まで様々なサイズの個室がありますので、オフィスの住所を変更することなく状況に合わせた最小限のスペースを利用することができます。

ECビジネスが無事軌道に乗り、扱う在庫数やスタッフの数が増えてきた、こういった時は福岡の賃貸事務所を借りる、という選択があります。広々としたオフィスが低コストで手に入る事で、作業効率は大きく向上します。